中小規模の消費者金融の審査が甘い理由とは

キャッシングベスト3

とある有名な大手の消費者金融でキャッシングをしようと借り入れを申し込みをしたら、審査に通れませんでした。けれど、どうしてもお金が必要だったのでダメ元で近所にあった名前も知らないような小さなキャッシングの会社に申し込んでみたら、無事、審査に通ったようでお金を借りられたのです。疑問に思ったのですが同じ消費者金融ではあるのに、なんで審査に通れたのでしょうか?ヤミ金は審査が甘いと聞いているのでヤミ金で借りてしまったのかと心配なのです。

中小の消費者金融は大手で借りられないひとの受け皿の役目があるから

キャッシングするのなら、やっぱり名前が良く知られていている会社のほうが安心感がありますよね。有名な会社といえば、タレントをCMなどに起用したりしているので爽やかなイメージがありますし、大手なので取り立てなどの不正を行う心配もありません。

なので、お金を借りようと思ったときに大手の消費者金融の看板を目指すひとがほとんどだと思いますが、中には、収入状況が大手の基準に合わず借り入れを断られてしまうひともいます。その場合は、大手よりも少し規模の小さい中小の消費者金融で申し込みをすると案外、借り入れが可能になるときがあります。それは大手よりも多少、審査の基準が甘めに設定されているからです。

小規模の消費者金融は、大手と違い経営資金も少ないので、なんとしても顧客を確保したいという気持ちがあります。大手の審査に漏れてしまったひとを受け入れるには、大手の審査で設けている基準よりもある程度低くしないと、こちらでも審査に通過できないひとがでてしまうので、顧客を獲得できないのです。

また小規模の消費者金融は、大手のように、キャッシングするうえで使われる信用情報を管理している機関の利用をほとんどしないことが多いです。これは貸金業をしている会社が登録している貸金業協会の会員になっていないと信用情報の照会を認められないからなのです。信用情報は金融に関する状況や事故の有無を知るために必要なものなので、これの照会ができないとなると申し込みをしてきたひとのキャッシング事情などを知ることもないので、そういった事情で大手の審査を通れなかった場合は小さなところなら審査を通ることができる可能性も高くなるのです。

ただし、この協会に登録がないからといって貸金業としての登録をしていないということではありません。
審査が甘いといっても、ある程度の収入があることは自分の返済状況を考えても、最低限の条件てあることは間違いないことです。

知りたい!なぜ中小の金融会社は審査が甘いの?

消費者金融を借りるなら大手よりも中小のほうが借りやすい、と言われたります。とくに多重債務者の方やブラックの方、あるいは債務整理を経験したことのある方は、大手ではなかなか借りられませんが、中小の消費者金融では、望みがあります。では、それは一体なぜなのでしょうか?

その理由として挙げることができるのは審査基準です。一般的に大手の消費者金融はポイント制という方法をとっており、過去に膨大なデータから、収入や家族構成、勤続年数、勤務形態、居住状態などなどから、累計的にどういった方たちが貸倒になりやすいかを把握しており、もし当該審査をうける人がその累計に当てはまれば、審査に落とす、という極めて形式的な方法をとっています。これは貸す側からしてみればよく分かることです。特に大手消費者金融の場合は、取り扱わなければならない顧客が膨大なので、いちいち一人一人に時間をとって、エネルギーを割いて審査なんてしてられません。ですから、もしその「貸倒になりやすい累計」に当てはまれば、それ以上なにを言おうとも「暖簾に腕押し」というわけです。

それに対して、中小の消費者金融は顧客も少ないですし、大手の審査でダメだった人たちがそこに流れてきますので、大手と同じ基準で審査していたら、商売上がったりになってしまうという理由もあって、個別の事情を配慮しながら、審査をしてくれます。よく中小の消費者金融の審査の際にはより多くの個人情報を提供しなければならない、と言われるのはそのためです。多くの情報に基づいて詳しい審査がなされるわけです。

ということで、中小の貸金業者の審査は緩めですから、大手でダメでもすぐに諦めずに、再度チャレンジしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 #本当に金に困った時#→リアルに使えるカードローンはコレだ! All Rights Reserved.