カードローンで金利がないところはあるのか

キャッシングベスト3

キャッシングをしようとしてインターネットでキャッシングの会社を探していたら「金利ゼロ」と書いてある消費者金融を見つけました。こういったプランを上手く利用するためのコツなどありましたら知りたいです。給料日前で金欠になってしまいピンチです。けれど、お金を借りた経験などないので少々不安に思っています。

一時的なもので済むキャッシングなら一括完済をするのがキーポイント

ローンやキャッシングなどお金を借りたあとに必ず付いてくるものといえば金利。お金を貸し付ける銀行や貸金業者は、他者にお金を融資することで経営をしています。けれど貸した金額をただ返してもらうだけではプラスもマイナスもないので儲けはゼロ。これでは商売として成立しません。
では何で利益を得るのかというと、そこに登場するのが金利なのです。

利用する方である私たちにとっては金利は低いほうが負担もかるいものになるので魅力的で目を惹きますが、貸す方である銀行や消費者金融などにしてみれば利益になる金利は高いほうが良いという気持ちがあるのは当然のことです。

では何故、利益ゼロに等しい「金利ゼロ」というプランが存在するのでしょうか。

大手の消費者金融などで良く目にする「金利ゼロ」というのは、多くの場合が初めて申し込みをしたりする「キャッシング初心者」に向けたものです。初めてなら金利がないのでわが社でキャッシングしてみませんか?という客寄せで、一種のお試し期間なのです。この金利ゼロのシステムを賢く使うには、借りたお金を一括で完済することがポイントです。

いくら安心できる銀行などのプランであっても永久的に金利が付かないというわけにはいきません。金利ゼロとあってもそれには一定の決められた期間が設けられているものです。この期間の中で借りた金額をすべて返してしまえば金利はゼロのままキャッシングしたお金の返済は完了することになるのです。

これを実現するには、お給料日などが近いときにキャッシングをすることで、つまりは一時的な金欠状態のときで、収入があることが確実に分かっているといった場合に使える方法です。その後に再びキャッシングをしてしまえば金利は付いてきますので金利ゼロというわけにはいきません。

また悪質な業者だと金利ゼロが謳い文句になっているケースもあるので、よく見極める必要があります。

低かったり、ないほうが良いというのが利用者の本音ではありますが、金利は銀行や消費者金融が得られる利益であり、利用者が払わなければならないものです。しかし賢く使えば、利用者が特できる方法があるということを覚えておきましょう。

本当に大丈夫?金利ゼロのカードローン

一般的にお金を借りるということは、その手数料である金利を一緒に支払うことになります。貸金業者はそうやって利益をあげているわけです。では、もし貸金業者が「金利はいりませんよ」と言ったら、皆さんはどう反応なさいますか?「やったー!ありがとう」では、おめでたすぎます。「え、本当に。。でもなんだか怪しいな、裏があるんじゃないの?」って疑ってかかるのが正常な反応ですし、そうあるべきです。

カードローンの中にもいくつか無利息ローン、金利ゼロを商品内容にしている会社があります。例えば、新生銀行のレイクは30日の借入なら金利がゼロ、180日の借入なら5万円までなら無利息だというのです。ほかにもやはり新生銀行グループのノーローンという商品があります。これは借入を何度しても毎回1週間は無利息、というものです。

さて、レイクに関して注意していただきたいのは、上記のメリットを享受するためには初めての借入でなければならない、ということです。つまり、無利息という特典をつけて「まずはカードローンを体験してみてくださいよ」ということなのです。

ノーローンの凄いところは、1週間無利息で借りて、返済したらその翌月は再度1週間無利息で借りることができる、というところです。ですから、きっちり毎月1週間以内で返済をし続けることができれば、無利息で借り続けることができるわけですが、現実はそんなに簡単ではありません。わたしたちはそんなに自分をコントロールできませんから、結局は「もともと1週間は無利息なんだから、2週間借りても1週間の利息で済むなら儲けもの」と考えてしまうのが関の山です。

ですから、金利ゼロだからといって、本当に金利ゼロで借り続けることは不可能に近いということなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 #本当に金に困った時#→リアルに使えるカードローンはコレだ! All Rights Reserved.